やりたいことがないからこそチャンスがある

自分にはやりたいことがない、そう思ってただなんとなく生きてきた人もいるのではないだろうか?

やりたいことを考えても、何も思い浮かばないという人もいる。もちろん、やりたいことというのは、無理に考えて決めるものではない。普段の生活の中で、ふと目標が生まれることもあるのだ。そのため、今やりたいことがなくても、やりたいことが見つかった時のために、今は一生懸命働いてお金を貯めておくということも選択肢の一つだ。

進路を決めるうえで自分のやりたいことが見つからないという場合であれば、自分の趣味から考えてみるのも選択肢の一つだ。まずは自分が好きなことや興味があることを数えてみるところからはじめるでもなんでもいい、自分が好きなことは外部の人からはわからない。自分が好きなことは自分自身で自分を見つめなおすことによって初めて見えてくるものである。

好きなものがあってもやりたいこととは結びつかないという場合であれば、より多くの選択肢が選べる進路を選ぶことも大切だ。とりあえず大学に進学して、色んなことに挑戦するうちに将来の夢に出会える可能性もある。またやりたいことというのは、学生の間に見つけなければいけないものではない。就職して色んな経験を積むうちに、やりたいことに出会うこともある。やりたいことがないと思っていた人がやりたいことに出会った場合、今までなかった情熱のすべてをやりたいことに注ぎこめる。そのためやりたいことへの思いの爆発力が、夢を叶えるための力となる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です